aamall

2007年09月03日

受給資格者創業支援助成金

<概要>
 雇用保険の受給資格者自らが創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、当該事業主に対して創業に要した費用の一部について助成します。

<受給できる事業主>

イ 次のいずれにも該当する受給資格者(その受給資格に係る雇用保険の基本手当の算定基礎期間が5年以上ある者に限ります。)であったもの(以下「創業受給資格者」といいます。)が設立した法人等※の事業主であること。

  駛/妖を設立する前に、公共職業安定所の長に「法人等設立事前届」を提出した者
  鯔/妖を設立した日の前日において、当該受給資格に係る支給残日数が1日以上である者

ロ 創業受給資格者が専ら当該法人等の業務に従事するものであること。

ハ 法人にあっては、創業受給資格者が出資し、かつ、代表者であること。

ニ 法人等の設立日以後3か月以上事業を行っているものであること。

※ 法人等の設立とは、法人の場合は法人の設立の登記等を行うことをいい、個人の場合は事業を開始することをいいます。

<受給額>

創業後3か月以内に支払った経費の3分の1

支給上限:200万円まで

<受給対象となる経費>

イ 設立・運営経費
ロ 職業能力開発経費
ハ 雇用管理の改善に要した費用
   
<受給のための手続き>

イ 法人等の設立事前届を提出する。

ロ (第1回目の申請)
   雇用保険の適用事業主となった日から3ヶ月を経過する日以降1ヵ月以内

  (第2回目の申請)
   雇用保険の適用事業主となった日から6ヶ月を経過する日以降1ヵ月以内


tlmsr at 17:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!助成金 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
『食品事業者のポリシー』?■元静岡銀行員 (高橋海事ISO労務事務所Weekly Blog■元静岡銀行員 )
Link先紹介−高橋海事ISO労務事務所
『骨粗鬆症の日本』?■元静岡銀行員 (高橋海事ISO労務事務所Weekly Blog■元静岡銀行員 )
Link先紹介−高橋海事ISO労務事務所
事務所News 2月号 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
労働者派遣事業の種類
助成金無料相談会-随時開催中 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
年金相談について
日吉社会保険労務士事務所News 11月号 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
事務所HP開設のご案内
カウンタ−