aamall

2007年08月03日

雇用保険の受給資格要件の変更(H19年10月1日から)

平成19年10月1日から雇用保険法が変わります。

,海譴泙任僚欺蠶袁働時間による被保険者区分(短時間労働者以外の一般被保険者/短時間被保険者)をなくし、雇用保険の基本手当の受給資格要件が一本化されます。

原則として、平成19年10月1日以降に離職された方が対象となります。



● 短時間労働者以外の一般被保険者→6月(各月14日以上)
● 短時間労働被保険者(週所定労働時間20〜30時間)
     →12月(各月11日以上)
           ↓

  雇用保険の基本手当を受給するためには
  週所定労働時間の長短にかかわらず
  原則 12月(各月11日以上)の被保険者期間が必要となります。
※倒産・解雇等により離職された方は6月(各月11日以上)が必要です。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
『食品事業者のポリシー』?■元静岡銀行員 (高橋海事ISO労務事務所Weekly Blog■元静岡銀行員 )
Link先紹介−高橋海事ISO労務事務所
『骨粗鬆症の日本』?■元静岡銀行員 (高橋海事ISO労務事務所Weekly Blog■元静岡銀行員 )
Link先紹介−高橋海事ISO労務事務所
事務所News 2月号 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
労働者派遣事業の種類
助成金無料相談会-随時開催中 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
年金相談について
日吉社会保険労務士事務所News 11月号 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
事務所HP開設のご案内
カウンタ−