aamall

2006年11月10日

割増賃金(概要)

時間外・休日・深夜労働をした場合に支払われる割増賃金
についてです。
代表的なものは残業代です。
割増賃金の分類及びそれぞれの割増率は下記の通りです。

(割増賃金率)
〇間外労働      2割5分以上
休日労働       3割5分以上
深夜労働       2割5分以上
せ間外かつ深夜労働  5割以上(+)
サ抛かつ深夜労働   6割以上(+)

※時間外労働は、法定の労働時間(40H/週、8H/日)を超えた場合
などに発生します。
※深夜労働の深夜とは、原則として午後10時から午前5時までです。

※少し注意が必要なのは休日労働です。
日常用語とイメージが異なるからです。
労働基準法上の休日労働は原則として1週間に1回休日があれば、
休日労働にはなりません。
具体的には、土日休みの週休2日制の会社で仮に土曜日に勤務しても、
日曜日に通常どおり休みがとれれば△竜抛労働にはなりません。
(休日出勤という日常用語とイメージが異なるので注意して下さい)
この場合、,了間外に該当すれば
2割5分以上の割増賃金率となります。

労働保険、社会保険、就業規則、労務に関するご相談は、
日吉社会保険労務士事務所へ


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
『食品事業者のポリシー』?■元静岡銀行員 (高橋海事ISO労務事務所Weekly Blog■元静岡銀行員 )
Link先紹介−高橋海事ISO労務事務所
『骨粗鬆症の日本』?■元静岡銀行員 (高橋海事ISO労務事務所Weekly Blog■元静岡銀行員 )
Link先紹介−高橋海事ISO労務事務所
事務所News 2月号 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
労働者派遣事業の種類
助成金無料相談会-随時開催中 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
年金相談について
日吉社会保険労務士事務所News 11月号 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
事務所HP開設のご案内
カウンタ−