aamall

2006年10月30日

労働基準法上の賃金

労働基準法第11条
「労働基準法で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他
名称のいかんを問わず、労働の対償として使用者が労働
者に支払うすべてのものをいう。」
とあります。

労働基準法の賃金に該当するか否かは、
賃金に関する保護規定の適用対象になるかどうか
に影響するので重要です。

同じ退職金という名目であっても、
使用者が任意的・恩恵的に支払うものは賃金ではありませんが、
あらかじめ支給条件が労働協約・就業規則・労働契約等によって
明確になっているものについては、賃金とみなされるので、
注意が必要です。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
『食品事業者のポリシー』?■元静岡銀行員 (高橋海事ISO労務事務所Weekly Blog■元静岡銀行員 )
Link先紹介−高橋海事ISO労務事務所
『骨粗鬆症の日本』?■元静岡銀行員 (高橋海事ISO労務事務所Weekly Blog■元静岡銀行員 )
Link先紹介−高橋海事ISO労務事務所
事務所News 2月号 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
労働者派遣事業の種類
助成金無料相談会-随時開催中 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
年金相談について
日吉社会保険労務士事務所News 11月号 (TLMビジネスコンサルタンツ/日吉社会保険労務士事務所)
事務所HP開設のご案内
カウンタ−